他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 14章性能に関するヒント

目次
14.1. EXPLAINの利用
14.2. プランナで使用される統計情報
14.3. 明示的なJOIN句でプランナを制御する
14.4. データベースへのデータ投入
14.4.1. 自動コミットをオフにする
14.4.2. COPYの使用
14.4.3. インデックスを削除する
14.4.4. 外部キー制約の削除
14.4.5. maintenance_work_memを増やす
14.4.6. checkpoint_segmentsを増やす
14.4.7. WALアーカイブ処理とストリーミングレプリケーションの無効化
14.4.8. 最後にANALYZEを実行
14.4.9. pg_dumpに関するいくつかの注意
14.5. 永続性がない設定

問い合わせの性能は多くの要因に影響されます。 ユーザが制御できるものもありますが、背後にあるシステム設計に起因する根本的な要因もあります。 本章ではPostgreSQLの性能を理解し、チューニングするためのヒントを提供します。