他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 41章PL/Perl - Perl手続き言語

目次
41.1. PL/Perl関数と引数
41.2. PL/Perlにおけるデータ値
41.3. 組込み関数
41.3.1. PL/Perlからのデータベースアクセス
41.3.2. PL/Perlのユーティリティ関数
41.4. PL/Perlにおけるグローバルな値
41.5. 信頼されたPL/Perlおよび信頼されないPL/Perl
41.6. PL/Perlトリガ
41.7. PL/Perlの内部
41.7.1. 設定
41.7.2. 制限および存在しない機能

PL/PerlはPerlプログラミング言語を使用してPostgreSQL関数を作成することができる、ロード可能な手続き言語です。

PL/Perlを使用する主たる利点は、ストアドプロシージャの中で、さまざまな"文字列操作"やPerlで使用可能な関数を使用できるという点です。 複雑な文字列解析は、PL/pgSQLで提供される文字列関数や制御構造体を使用するよりPerlを使用する方が簡単に行うことができます。

PL/Perlを特定のデータベースにインストールするには、CREATE EXTENSION plperlを使用するか、シェルのコマンドラインからcreatelang plperl dbnameを使用してください。

ティップ: 言語をtemplate1にインストールすると、その後に作成されるデータベース全てにその言語は自動的にインストールされます。

注意: ソースパッケージを使用するユーザは、インストール作業時にPL/Perlを特別に使用可能にする必要があります。 (詳細については、第15章を参照してください。) バイナリパッケージを使用する場合は、別個のサブパッケージにPL/Perlが入っている可能性があります。