他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 13章同時実行制御

目次
13.1. 序文
13.2. トランザクションの分離
13.2.1. リードコミッティド分離レベル
13.2.2. リピータブルリード分離レベル
13.2.3. シリアライザブル分離レベル
13.3. 明示的ロック
13.3.1. テーブルレベルロック
13.3.2. 行レベルロック
13.3.3. デッドロック
13.3.4. 勧告的ロック
13.4. アプリケーションレベルでのデータの一貫性チェック
13.4.1. シリアライザブルトランザクションを用いた一貫性の強化
13.4.2. 明示的なブロッキングロックを用いた一貫性の強化
13.5. ロックとインデックス

本章では同時に2つ以上のセッションが同じデータにアクセスしようとした場合、PostgreSQLデータベースシステムがどう振舞うかについて説明します。 このような状況でデータの整合性を確実に保つ一方、全てのセッションに対して効果的なアクセスを許可するようにすることが目的です。 データベースアプリケーションを開発する方は、本章で扱われている内容を熟知していなければなりません。