他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 4章SQLの構文

目次
4.1. 語彙の構成
4.1.1. 識別子とキーワード
4.1.2. 定数
4.1.3. 演算子
4.1.4. 特殊文字
4.1.5. コメント
4.1.6. 演算子の優先順位
4.2. 評価式
4.2.1. 列の参照
4.2.2. 位置パラメータ
4.2.3. 添字
4.2.4. フィールド選択
4.2.5. 演算子の呼び出し
4.2.6. 関数呼び出し
4.2.7. 集約式
4.2.8. ウィンドウ関数呼び出し
4.2.9. 型キャスト
4.2.10. 照合順序式
4.2.11. スカラ副問い合わせ
4.2.12. 配列コンストラクタ
4.2.13. 行コンストラクタ
4.2.14. 式の評価規則
4.3. 関数呼び出し
4.3.1. 位置表記の使用
4.3.2. 名前付け表記の使用
4.3.3. 混在表記の利用

本章ではSQLの構文について説明します。 本章の内容は、データの定義や変更のためにSQLコマンドを適用する方法について詳しく説明する以後の章を理解する上での基礎となります。

この章はSQLデータベース間で異なって実装されたり、またはPostgreSQLに固有な幾つかの規則と概念を含んでいるので、SQLについて熟知しているユーザも本章を注意深く読むことをお勧めします。