他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

VII. 内部情報

ここでは、PostgreSQL開発者が使用できる情報を分類して説明します。

目次
47章PostgreSQL内部の概要
47.1. 問い合わせの経路
47.2. 接続の確立
47.3. 構文解析過程
47.4. PostgreSQLルールシステム
47.5. プランナ/オプティマイザ
47.6. エクゼキュータ
48章システムカタログ
48.1. 概要
48.2. pg_aggregate
48.3. pg_am
48.4. pg_amop
48.5. pg_amproc
48.6. pg_attrdef
48.7. pg_attribute
48.8. pg_authid
48.9. pg_auth_members
48.10. pg_cast
48.11. pg_class
48.12. pg_collation
48.13. pg_constraint
48.14. pg_conversion
48.15. pg_database
48.16. pg_db_role_setting
48.17. pg_default_acl
48.18. pg_depend
48.19. pg_description
48.20. pg_enum
48.21. pg_event_trigger
48.22. pg_extension
48.23. pg_foreign_data_wrapper
48.24. pg_foreign_server
48.25. pg_foreign_table
48.26. pg_index
48.27. pg_inherits
48.28. pg_language
48.29. pg_largeobject
48.30. pg_largeobject_metadata
48.31. pg_namespace
48.32. pg_opclass
48.33. pg_operator
48.34. pg_opfamily
48.35. pg_pltemplate
48.36. pg_proc
48.37. pg_range
48.38. pg_rewrite
48.39. pg_replication_slots
48.40. pg_seclabel
48.41. pg_shdepend
48.42. pg_shdescription
48.43. pg_shseclabel
48.44. pg_statistic
48.45. pg_tablespace
48.46. pg_trigger
48.47. pg_ts_config
48.48. pg_ts_config_map
48.49. pg_ts_dict
48.50. pg_ts_parser
48.51. pg_ts_template
48.52. pg_type
48.53. pg_user_mapping
48.54. システムビュー
48.55. pg_available_extensions
48.56. pg_available_extension_versions
48.57. pg_cursors
48.58. pg_group
48.59. pg_indexes
48.60. pg_locks
48.61. pg_matviews
48.62. pg_prepared_statements
48.63. pg_prepared_xacts
48.64. pg_roles
48.65. pg_rules
48.66. pg_seclabels
48.67. pg_settings
48.68. pg_shadow
48.69. pg_stats
48.70. pg_tables
48.71. pg_timezone_abbrevs
48.72. pg_timezone_names
48.73. pg_user
48.74. pg_user_mappings
48.75. pg_views
49章フロントエンド/バックエンドプロトコル
49.1. 概要
49.2. メッセージの流れ
49.3. ストリーミングレプリケーションプロトコル
49.4. メッセージのデータ型
49.5. メッセージの書式
49.6. エラーおよび警報メッセージフィールド
49.7. プロトコル2.0からの変更点の要約
50章PostgreSQLコーディング規約
50.1. 書式
50.2. サーバ内部からのエラーの報告
50.3. エラーメッセージのスタイルガイド
51章多言語サポート
51.1. 翻訳者へ
51.2. プログラマへ
52章手続き言語ハンドラの作成
53章外部データラッパの作成
53.1. 外部データラッパ関数
53.2. 外部データラッパのコールバックルーチン
53.3. 外部データラッパヘルパ関数
53.4. 外部データラッパのクエリプラン作成
54章遺伝的問い合わせ最適化
54.1. 複雑な最適化問題としての問い合わせ処理
54.2. 遺伝的アルゴリズム
54.3. PostgreSQLの遺伝的問い合わせ最適化(GEQO
54.4. さらに深く知るには
55章インデックスアクセスメソッドのインタフェース定義
55.1. インデックス用のカタログ項目
55.2. インデックスアクセスメソッド関数
55.3. インデックススキャン
55.4. インデックスのロック処理に関する検討
55.5. インデックス一意性検査
55.6. インデックスコスト推定関数
56章GiSTインデックス
56.1. 序文
56.2. Built-in Operator Classes
56.3. 拡張性
56.4. 実装
56.5.
57章SP-GiSTインデックス
57.1. はじめに
57.2. ビルトインの演算子クラス
57.3. 拡張性
57.4. 実装
57.5.
58章GINインデックス
58.1. はじめに
58.2. 組込み演算子クラス
58.3. 拡張性
58.4. 実装
58.5. GINの小技
58.6. 制限
58.7.
59章データベースの物理的な格納
59.1. データベースファイルのレイアウト
59.2. TOAST
59.3. 空き領域マップ
59.4. 可視性マップ
59.5. 初期化フォーク
59.6. データベースページのレイアウト
60章BKIバックエンドインタフェース
60.1. BKIファイル形式
60.2. BKIコマンド
60.3. BKIファイルのブートストラップの構成
60.4.
61章プランナが統計情報をどのように使用するか
61.1. 行推定の例