他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 17章サーバの準備と運用

目次
17.1. PostgreSQLユーザアカウント
17.2. データベースクラスタの作成
17.2.1. セカンダリファイルシステムの使用
17.2.2. ネットワークファイルシステムの使用
17.3. データベースサーバの起動
17.3.1. サーバ起動の失敗
17.3.2. クライアント接続の問題
17.4. カーネルリソースの管理
17.4.1. 共有メモリとセマフォ
17.4.2. リソースの制限
17.4.3. Linuxのメモリオーバーコミット
17.4.4. Linux huge pages
17.5. サーバのシャットダウン
17.6. PostgreSQLクラスタのアップグレード処理
17.6.1. pg_dumpallを介したデータのアップグレード
17.6.2. pg_upgradeを使用したアップグレード方法
17.6.3. レプリケーション経由のアップグレード
17.7. サーバのなりすまし防止
17.8. 暗号化オプション
17.9. SSLによる安全なTCP/IP接続
17.9.1. クライアント証明書の使用
17.9.2. サーバにおけるSSL関連ファイルの利用
17.9.3. 自己署名証明書の作成
17.10. SSHトンネルを使った安全なTCP/IP接続
17.11. WindowsにおけるEvent Logの登録

本章では、データベースサーバの設定と実行方法、そしてオペレーティングシステムとの相互作用について説明します。