他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第32章 ラージオブジェクト

目次

32.1. はじめに
32.2. 実装機能
32.3. クライアントインタフェース
32.3.1. ラージオブジェクトの作成
32.3.2. ラージオブジェクトのインポート
32.3.3. ラージオブジェクトのエクスポート
32.3.4. 既存のラージオブジェクトのオープン
32.3.5. ラージオブジェクトへのデータの書き込み
32.3.6. ラージオブジェクトからのデータの読み込み
32.3.7. ラージオブジェクトのシーク
32.3.8. ラージオブジェクトのシーク位置の入手
32.3.9. ラージオブジェクトを切り詰める
32.3.10. ラージオブジェクト記述子を閉じる
32.3.11. ラージオブジェクトの削除
32.4. サーバ側の関数
32.5. サンプルプログラム

PostgreSQLにはラージオブジェクト機能があります。 これは、特殊なラージオブジェクト構造に格納されたユーザデータに対してストリーム様式のアクセスを提供します。 全体をまるごと簡単に操作するには巨大過ぎるデータ値を操作する場合、ストリーミングアクセスが有用です。

本章では、PostgreSQLラージオブジェクトデータに関する、実装、プログラミング、問い合わせ言語インタフェースについて説明します。 libpq Cライブラリを例として本章で使用していますが、ほとんどのPostgreSQL固有のプログラミングインタフェースは同等の機能を持っています。 他のインタフェースでは、巨大な値を汎用的にサポートできるように、ラージオブジェクトインタフェースを内部で使用しているかもしれません。 ここでは説明しません。