他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第28章 データベース活動状況の監視

目次

28.1. 標準的なUnixツール
28.2. 統計情報コレクタ
28.2.1. 統計情報収集のための設定
28.2.2. 統計情報の表示
28.2.3. 統計情報関数
28.3. ロックの表示
28.4. 進捗状況のレポート
28.4.1. VACUUM進捗状況のレポート
28.5. 動的追跡
28.5.1. 動的追跡のためのコンパイル
28.5.2. 組み込み済みのプローブ
28.5.3. プローブの利用
28.5.4. 新規プローブの定義

データベース管理者はよく、システムは今現在正しく動作しているかを気にします。 本章では監視方法について説明します。

データベース活動状況の監視と性能解析用のツールは多く存在します。 本章の大部分はPostgreSQLの統計情報コレクタの説明に費されていますが、pstopiostatvmstatなどの通常のUnix監視プログラムを無視すべきではありません。 また、性能が悪い問い合わせであると認知された問い合わせは、その後、PostgreSQLEXPLAINコマンドを使用して調査を行う必要が発生します。 14.1. EXPLAINの利用では、個々の問い合わせの振舞いを理解するための、EXPLAINやその他の方法について記載しています。