他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第37章 トリガ

目次

37.1. トリガ動作の概要
37.2. データ変更の可視性
37.3. Cによるトリガ関数の作成
37.4. 完全なトリガの例

本章ではトリガ関数の作成に関する一般的な情報を示します。 トリガ関数は、PL/pgSQL (41章PL/pgSQL - SQL手続き言語)、PL/Tcl (42章PL/Tcl - Tcl手続き言語)、PL/Perl (43章PL/Perl - Perl手続き言語)、PL/Python (44章PL/Python - Python手続き言語)など、利用可能な手続き言語のほとんどで作成することができます。 本章を読んだ後、好みの手続き言語に関する章を参照して、トリガ作成に関する言語特有の詳細を確認すべきです。

また、C言語でトリガ関数を作成することができます。 しかし、ほとんどの方は、手続き言語のいずれかで作成する方が簡単であることに気づくでしょう。 現時点では、普通のSQL関数言語ではトリガ関数を作成することはできません。