Personal tools

Document Actions

Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2008

What Convention
When 2008-12-01 00:00 to
2008-12-02 23:55
Where 学習院百周年記念会館 (東京・目白駅すぐ)
Contact Name 社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門
Contact Email sig@ipsj.or.jp
Contact Phone (03)3518-8372
Add event to calendar vCal (Windows, Linux)
iCal (Mac OS X)
by Hiroki Kataoka last modified 2008-12-08 17:54

情報処理学会データベースシステム研究会では、毎年恒例となっておりますDBWeb2008を今年も開催いたします。日本PostgreSQLユーザ会は昨年に引き続き、今年もDBWeb2008に協賛いたします。またポスターレセプションには日本PostgreSQLユーザ会としても参加出展いたします。当ユーザ会の会員(ウェブ会員、正会員)であればお得な料金で参加できますので、皆様ふるってご参加ください。


◆WebDBフォーラム2008 4大ポイント◆


ポイント1: 見逃せない!豪華な特別セッション

  「情報爆発と情報信憑性」
  「企業の巨大データ徹底解剖 - 新たな研究の可能性と産学連携 -」
  「クラウドコンピューティングが変える世界とデータ管理」
  「ユーザ発信型メディアの衝撃」
   http://db-event.jpn.org/webdbf2008/special.html

   特別セッションのご紹介は本メール下部にあります

ポイント2: DBとWebの最新技術とコミュニティがここに集結!
            ポスターレセプション (詳細は近日公開予定)
   http://db-event.jpn.org/webdbf2008/poster.html

ポイント3: 先進企業による技術報告セッション
(詳細は近日公開予定)

ポイント4: これだけの内容にも関わらず,参加費を抑えました.
特に学生は破格の参加費です.是非ともお申し込み下さい!
(申し込みページ) http://www.ipsj.or.jp/09sig/kaikoku/2008/WebDBF2008.html

事前申し込み〆切は11/20です.

■ ■ ■ ■ ■ 特別セッションのご紹介 ■ ■ ■ ■ ■ ■


「情報爆発と情報信憑性」

現代用語の基礎知識にも掲載されるほどの"国民的常識"「情報爆発」そしてWeb時代を生きぬくための重要キーワード「情報信憑性」.東大 喜連川優先生と京大 田中克己先生がタッグを組んで面白くないわけがありません!

「企業の巨大データ徹底解剖 - 新たな研究の可能性と産学連携 - 」

巨大データを持つ企業とアカデミアが上手くタッグを組めば凄いことが出来るはずです.しかしそれがなかなか難しい...その巨大データをこの場で徹底解剖し,そのデータを利用すればどんな面白い事が出来るのか,そして産学連携の可能性について議論します.大学や会社に籠もっているだけでは知り得ない貴重なチャンスとヒントが見つかるかも知れません.

「クラウドコンピューティングが変える世界とデータ管理 」

今日のITのバズワードNo1「クラウドコンピューティング」.ビジネス雑誌にはよく出てくるが真実はどうなのか..ここではアカデミックな観点から冷静に切り込み,実像を明らかにしていただきます.そして我々が興味があるのはやはりデータ管理.本セッションではクラウドコンピューティング時代におけるデータ管理に関する先進アプローチをご紹介していただきます.この分野最先端を走るお二人による御講演です.

「ユーザ発信型メディアの衝撃 」

WWWは単なるデータの集まりではなくメディアである,現在では当たり前になったこの認識ですが,本セッションではトップランナーから御講演をいただきます.音声検索サービスPodCastleとニコニコ動画の開発者が何を考えているか,お話いただけます.後者は次期バージョンをこのWebDBフォーラム2008で★先行公開★していただく予定です.

DBWeb2007 参加募集案内


【日程】 平成20年12月1日(月),12月2日(火)
【場所】 学習院創立百周年記念会館(東京都豊島区目白1-5-1)

【趣旨】
近年,人類が創出する情報量が爆発的に増大しており,大量かつ多様な情報から必要な情報を効率的に利活用するための技術が重要になってきました.
本フォーラムは,情報処理学会データベースシステム研究会,日本データベース学会,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会の共催,また,文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」の協賛により,情報爆発時代におけるDBとWeb技術をテーマに開催します.本フォーラムでは,情報爆発時代に向けた各種特別セッションや,この分野における産学連携に関連する各種企画,Web情報システムやデータベース技術についての最新研究成果の一般発表セッション等を通じて,招待講演,研究発表,パネル討論などの形態で議論する場を設けます.また,多様なコミュニティの交流を深め,議論を行うことができるポスターレセプションを開催します.

【特別セッション】

 * 情報爆発と情報信憑性
 * 企業の巨大データ徹底解剖 - 新たな研究の可能性と産学連携 -
 * クラウドコンピューティングが変える世界とデータ管理
 * ユーザ発信型メディアの衝撃

【主催】
情報処理学会データベースシステム研究会
日本データベース学会
電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会

【協賛】
文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究
        「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」
電子情報通信学会  Webインテリジェンスとインタラクション研究会
ACM SIGMOD日本支部
独立行政法人 物質・材料研究機構
筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター
日本PostgreSQLユーザ会
Firebird日本ユーザ会
日本MySQLユーザ会

◆参加費

種別      参加費(論文集/税込)
学会員     8,000円(主催・協賛団体員含む)(*1)(*3)
非会員     9,000円
発表学生 5,000円
聴講学生(主催団体 学生会員)  無料(CD-ROM無し)(*2)
聴講学生(主催団体 学生会員)  4,000円(CD-ROM付き)(*2)
聴講学生(主催団体 非会員)  1,000円(CD-ROM無し)
聴講学生(主催団体 非会員)  5,000円(CD-ROM付き)
論文集(CD-ROM)のみ 4,000円(送料・税込)

(*1) 主催・協賛団体員とは情報処理学会,日本データベース学会,電子情報通信学会,各会員、独立行政法人 物質・材料研究機構 職員,日本PostgreSQLユーザ会 ,Firebird日本ユーザ会 ,日本MySQLユーザ会各会員を指します.

(*2) 主催団体学生会員とは,情報処理学会学生会員,日本データベース学会学生会員,電子情報通信学会学生員を指します.

(*3) 日本データベース学会維持会員枠(各社3名)がございます.本枠でご参加の方は大変お手数ですが当日受付をお願い申し上げます.
(事前申し込みいただく場合は備考欄にその旨お書きいただければ幸いです)

◆参加申込方法◆
下記ページよりお申し込み下さい.
http://www.ipsj.or.jp/09sig/kaikoku/2008/WebDBF2008.html

**お申し込みの際の注意事項**

   * 当日受付もいたしますが、論文集(CD-ROM)が不足した場合は事前申し込み優先とさせていただきますのでご了承ください。
   * 参加費の当日現金払いも受け付けますが、なるべく振込でのお支払いにご協力ください。
   * 参加申込後、やむを得ず参加を取り消される場合は、11月20日(木)までにご連絡ください。取り消しの連絡のない場合は、準備の都合上、参加費を徴収させていただきます。

申込締切 : 平成20年11月20日(木)

※本イベントの日本PostgreSQLユーザ会展示ポスターの元資料


More information about this event…

 
You are here: Home イベント Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum) 2008