2011年度 第6回 総会

etoh2016/10/02 (日) - 00:25 に投稿

特定非営利活動法人 日本PostgreSQLユーザ会の 第6回 総会を下記の通り開催いたします。

ユーザ会 正会員におきましては、ご参集いただけますようお願いいたします。なお、同日には「JPUG 2011 夏セミナー」を13:00 から同会場にて開催いたします。よろしければこちらにもご参加ください。また、総会終了後 から理事会を実施する予定です。

正会員で当日参加できない場合には必ず委任状を送付いただけますようお願いいたします。参加数・委任状数が定足数に満たない場合、総会の開催ができなくなってしまいます。委任状の雛形を用意しております。雛形に記載のFAX番号あるいは住所宛に、FAXあるいは送付いただけますようお願いいたします。

総会の議題につきましても下記に記載いたします。また、各報告書、次年度案、および、定款変更案につきましては下記からのリンク先を確認いただけましたらと思います。

 

日時:2011年6月25日(土) 16:00~16:50

場所:JR品川イーストビル20F (日立ソリューションズ 品川本社別館)

議題:

  第1号議案 2010年度事業報告書および収支報告書(監査報告書)の承認に関する件
  第2号議案 2011年度事業計画書および収支予算書の承認に関する件
  第3号議案 2011年度の理事および監事選任に関する件
  第4号議案 定款変更に関する件

お問い合わせ:

 議案については jpug-members メーリングリストにて質問ください。開催につきましては、JPUG事務局までお問い合わせください。

以上。


別紙追加事項

第3号議案 2011年度の理事および監事選任に関する件について、追加で検討をお願いしたい事項です。

澤田(周)です。

総会議案確定後、かつ正会員各位へのご案内後の意思表示となり大変申し訳ありませんが、2011年度支部担当理事として立候補致します。

2010年度に引き続き、片岡理事と協調しながら、より一層の支部支援活動を推進してゆきたいと考えております。

つきましては、本件について、総会にて審議頂けますようお願いいたします。

 


議事録

第6回会員総会議事録

特定非営利活動法人 日本PostgreSQLユーザ会


平成23年6月25日午後4時より、日立ソリューションズ品川本社別館において第6回会員総会を開催した。
議決権のある会員総数: 58名
議決権を所有する出席会員数(委任状を含む):36名(うち委任状 10名)


理事 永安 悟史は選ばれて議長となり、会員総会は議決権を所有する出席会員数(委任状を含む)が過半数を越し、適法に成立したので開会する旨を宣し直ちに議事に入った。議事の査証に対する議事録署名人2名のうち1名は審議に入る前に矢地理事が書記として選任され、もう1名は慣例として暗黙的に多度理事が当たった。


第1号議案 2010年度事業報告書および収支報告書(監査報告書)の承認に関する件
別紙「収支報告書(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)」、および「財産目録(平成23年3月31日現在)」に基づき、多度理事が収支報告ならびに財産目録の報告を行った。報告内容に関しての斎藤監事による会計監査の結果については、別紙「監査報告書」が提示された。
別紙「特定非営利活動法人 PostgreSQL ユーザ会 2010 年度活動報告書」に基づき、本部、各分科会、各地方支部の担当理事がその活動につき報告を行った。
議長は本議案の承認を議場に諮ったところ満場異議なく承認可決された。
第2号議案 2011年度事業計画書および収支予算書の承認に関する件
別紙「収支予算書(案)(平成23年4月1日から平成24年3月31日まで)」に基づき、多度理事が収支予算案について説明した。
別紙「特定非営利活動法人 PostgreSQLユーザ会 2011 年度活動計画書」に基づき、本部事務局長、分科会座長、地方支部支部長、およびサーバ管理座長、Web管理担当理事、Let's Postgres運営委員会ユーザ会担当、新設を希望するアプリケーション分科会よりそれぞれが計画する事業活動について説明した。
議長は本議案の承認を議場に諮ったところ満場異議なく承認可決された。
第3号議案 2011年度の理事および監事選任に関する件
2011年度理事として新任を望む武田一城、福島克輝、安藤哲也、および退任予定の理事柴田淳、山下武志、澤田潔各氏を反映させた、別紙、新旧理事一覧表の「2011 年度理事担当案・氏名」欄に基づき、留任を含む理事候補の信任を求めた。また、退任予定の理事として記載された澤田周理事については、本人より別紙「2011年度役員案 追加立候補検討依頼」にて立候補が表明された為、留任の理事候補として合わせて信任を求めた。(尚、各理事担当業務は総会後開催予定の新理事による理事会にて決定・承認を行う。)
議長は本議案の承認を議場に諮ったところ満場異議なく承認可決された。可決に伴い、新任理事より自己紹介、ならびに抱負が語られた。これにより平成23年度は議決権のある理事25名、監事1名によりユーザ会運営が計られることとなった。
第4号議案 定款変更に関する件(定款)
別紙「定款変更案」に基づき、高塚理事が会員の資格の喪失、総会の議決、および理事会の議決に関する定款変更案について説明した。
議長は、定款に記載する為の表現は事務局と理事会に任せることを付帯事項とし、本議案の主旨についての承認を議場に諮ったところ満場異議なく承認可決された。
 

以上のごとく緊急動議なく、議長は以上をもって本日の議事を全て終了した旨を述べ、 午後 4 時 30 分散会した。以上の決議を明確にするためにこの議事録を作り、議事録署名人次に署名押印する。

平成23年6月25日
議長 永安 悟史
議事録署名人 矢地 重隆
議事録署名人 多度 純一


平成23年6月25日
この写しは議事録の原本と相違ないことを証明する。
理事長 永安 悟史 印

タグ