他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第39章 イベントトリガ

目次

39.1. イベントトリガ動作の概要
39.2. イベントトリガ起動マトリクス
39.3. C言語によるイベントトリガ関数の書き方
39.4. 完全なイベントトリガの例
39.5. テーブル書き換えイベントトリガの例

第38章で議論されたトリガの機能を補完するために、PostgreSQLはイベントトリガを提供します。 一つのテーブルに付与され、DMLイベントのみ対象にしたこれまでのトリガと違い、イベントトリガは特定のデータベースに大域的であり、DDLイベントを対象に実行できます。

これまでのトリガと違い、イベントトリガは普通のSQLではなく、イベントトリガがサポートする手続き言語やC言語で記述することができます。