★PostgreSQLカンファレンス2021 11月12日開催/チケット販売中★
他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

31.6. 監視

論理レプリケーションは物理ストリーミングレプリケーションと類似のアーキテクチャに基づいているので、パブリケーションノードの監視は、物理レプリケーションのマスター(26.2.5.2参照)の監視と似ています。

サブスクリプションに関する監視情報はpg_stat_subscriptionで見ることができます。 このビューは、個々のサブスクリプションワーカー毎に1つの行を含んでいます。 サブスクリプションは状態により、0以上のアクティブなサブスクリプションワーカーを持つことができます。

有効なサブスクリプションのために通常は一つの適用プロセスが実行中です。 無効なサブスクリプション、あるいはクラッシュしたサブスクリプションはこのビュー中に0個の行を持ちます。 テーブルの初期データの同期が進行中なら、同期中のテーブルのための追加ワーカーが存在するでしょう。