[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.303. リリース7.4.1

リリース日: 2003-12-22

このリリースは7.4の様々な不具合を修正したものです。 7.4メジャーリリースにおける新機能についてはE.304を参照してください。

E.303.1. 7.4.1バージョンへの移行

7.4 からの移行の場合は ダンプ/リストアは必要ありません

情報スキーマ内の修正をインストールする場合は、データベース内にリロードする必要があります。 これは、initdbを実行して新しいクラスタを初期化すること、もしくは、新しいリリースをインストールした後に、スーパーユーザとしてpsqlを使用して各データベースで以下の一連のSQLコマンドを実行することで行なうことができます。

DROP SCHEMA information_schema CASCADE;
\i /usr/local/pgsql/share/information_schema.sql

2つ目のコマンド内のパスはインストレーションに合わせてください。

E.303.2. 変更点

  • Fixed bug in CREATE SCHEMA parsing in ECPG (Michael)

  • Fix compile error when --enable-thread-safety and --with-perl are used together (Peter)

  • Fix for subqueries that used hash joins (Tom)

    構造体の不適切な共有のため、特定のハッシュ結合を使用する副問い合わせがクラッシュしました。

  • Fix free space map compaction bug (Tom)

    これは、空き領域マップの圧縮によってデータベースサーバの停止が発生する不具合の修正です。

  • Fix for Borland compiler build of libpq (Bruce)

  • Fix netmask() and hostmask() to return the maximum-length masklen (Tom)

    7.4より前のリリースと一貫性を持つ値を返すように関数を修正しました。

  • Several contrib/pg_autovacuum fixes

    この修正には、不適切な変数の初期化、TRUNCATE後のvacuumの抜け、vacuum期間の計算のオーバーフローを含んでいます。

  • Allow compile of contrib/cube under Cygwin (Jason Tishler)

  • Fix Solaris use of password file when no passwords are defined (Tom)

    Solarisにおいてパスワードが定義されていない場合に何らかのパスワード認証を行なうとクラッシュする点を修正しました。

  • JDBC fix for thread problems, other fixes

  • Fix for bytea index lookups (Joe)

  • Fix information schema for bit data types (Peter)

  • Force zero_damaged_pages to be on during recovery from WAL

  • Prevent some obscure cases of variable not in subplan target lists

  • Make PQescapeBytea and byteaout consistent with each other (Joe)

  • Escape bytea output for bytes > 0x7e(Joe)

    異なるクライアント符号化方式がbyteaの入出力に使用された場合、符号化方式の違いによりbytea値が破壊される可能性がありました。 この修正では、影響を受ける可能性があるバイトを全てエスケープしました。

  • Added missing SPI_finish() calls to dblink's get_tuple_of_interest() (Joe)

  • New Czech FAQ

  • Fix information schema view constraint_column_usage for foreign keys (Peter)

  • ECPG fixes (Michael)

  • Fix bug with multiple IN subqueries and joins in the subqueries (Tom)

  • Allow COUNT('x') to work (Tom)

  • Install ECPG include files for Informix compatibility into separate directory (Peter)

    Informix互換用のECPGヘッダファイルの名前の一部がオペレーティングシステムのヘッダファイルと競合しました。 独自のディレクトリにインストールすることで、名前の競合が防止されました。

  • Fix SSL memory leak (Neil)

    このリリースは、7.4における、SSLが割り当てたメモリを全て解放しない不具合を修正しました。

  • Prevent pg_service.conf from using service name as default dbname (Bruce)

  • Fix local ident authentication on FreeBSD (Tom)