他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP DOMAIN

DROP DOMAIN — ドメインを削除する

概要

DROP DOMAIN [ IF EXISTS ] name [, ...] [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP DOMAINはドメインを削除します。 ドメインを削除できるのは、ドメインの所有者のみです。

パラメータ

IF EXISTS

ドメインが存在しない場合でもエラーになりません。 この場合注意メッセージが発行されます。

name

既存のドメインの名前です(スキーマ修飾名も可)。

CASCADE

ドメインに依存するオブジェクト(テーブルの列など)を自動的に削除し、さらにそれらのオブジェクトに依存するすべてのオブジェクトも削除します(5.13参照)。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合、そのドメインの削除要求を拒否します。 これがデフォルトです。

ドメインboxを削除します。

DROP DOMAIN box;

互換性

このコマンドは、PostgreSQLの拡張であるIF EXISTSオプションを除き、標準SQLに準拠しています。

関連項目

CREATE DOMAIN, ALTER DOMAIN