他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SET CONSTRAINTS

SET CONSTRAINTS — 現在のトランザクションの制約検査のタイミングを設定する

概要

SET CONSTRAINTS { ALL | name [, ...] } { DEFERRED | IMMEDIATE }

説明

SET CONSTRAINTSは、現在のトランザクションにおける制約検査の動作を設定します。 IMMEDIATE制約は、1つの文の実行が終わるごとに検査されます。 DEFERRED制約は、トランザクションがコミットされるまで検査されません。 全ての制約は、IMMEDIATEDEFERREDのどちらかのモードを持ちます。

制約にはその生成時点で、DEFERRABLE INITIALLY DEFERREDDEFERRABLE INITIALLY IMMEDIATENOT DEFERRABLEの3つのうちのいずれかの性質が与えられます。 3番目のNOT DEFERRABLE制約は、常にIMMEDIATEモードであり、SET CONSTRAINTSコマンドの影響を受けません。 DEFERRABLE INITIALLY DEFERRED制約とDEFERRABLE INITIALLY IMMEDIATE制約の2つは、トランザクションを指定されたモードで開始しますが、トランザクション内でSET CONSTRAINTSを使用するとその振舞いを変更することができます。

SET CONSTRAINTSに制約名のリストをつけて実行すると、指定された制約(これらは全て遅延可能でなければなりません)のみのモードが変更されます。 制約名はそれぞれスキーマ修飾可能です。 スキーマ名が指定されていない場合、現在のスキーマ検索パスを使用して、最初に一致する名前を見つけます。 SET CONSTRAINTS ALLは遅延可能な全ての制約のモードを変更します。

制約のモードをDEFERREDからIMMEDIATEに変更した場合は、新しい制約モードが遡及的に有効になります。 つまり、トランザクションの終了時に検査される予定だった未検査のデータ変更が、SET CONSTRAINTSコマンドの実行中に検査されます。 もし、この時に何らかの制約違反があった場合、SET CONSTRAINTSは失敗します (そして、制約モードは変更されません)。 したがって、SET CONSTRAINTSを利用すれば、トランザクションの特定の時点で強制的に制約の検査を実行することができます。

現在UNIQUEPRIMARY KEYREFERENCES(外部キー)、EXCLUDE制約のみがこの設定の影響を受けます。 NOT NULLおよびCHECK制約は、行が挿入または変更された時に(文の終了時ではありません)、常に即座に検査されます。 DEFERRABLE宣言されていない一意性制約および排除制約も即座に検査されます。

また、制約トリガとして宣言されたトリガの発行もこの設定により制御されます。 これらは関連する制約が検査されるはずの時に同時に発行されます。

注釈

PostgreSQLでは、スキーマ内で制約名が一意となることを要求していません(テーブル単位での一意性のみ要求します)ので、指定した制約名に複数が一致する可能性があります。 この場合SET CONSTRAINTSは一致するすべてに対して動作します。 スキーマ修飾がない名前では、検索パス上のあるスキーマに1つまたは複数の一致があると、パス上のそれより後にあるスキーマは検索されません。

このコマンドが変更するのは、現在のトランザクション内の制約の動作のみです。 トランザクションブロックの外部でこのコマンドが実行されても、警告を発するだけで、他には何の効果もありません。

互換性

このコマンドは、標準SQLで定義された動作に準拠しています。 ただし、PostgreSQLではNOT NULLおよびCHECK制約に適用できないという制限があります。 またPostgreSQLは非遅延一意性制約を、標準が提案する文の終わりにではなく、即座に検査します。