他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

20.8. Ident認証

ident認証方式は、クライアントのオペレーティングシステムのユーザ名をidentサーバから入手し、それを(オプションのユーザ名マップとともに)許可されているデータベースのユーザ名として使用します。 これはTCP/IP接続のみサポートされます。

注記

identが(TCP/IPではない)ローカル接続で指定されている場合、 ピア認証(20.9を参照してください)が代わりに使用されます。

次の設定オプションはidentのためにサポートされています。

map

システムとデータベースユーザ名の間のマッピングを許可します。 詳細は20.2を参照してください。

身元特定(Identification)プロトコルについてはRFC 1413で説明されています。 事実上全てのUnix系のオペレーティングシステムの配布には、デフォルトでTCPポート113を監視するidentサーバが付属しています。 identサーバの基本的な機能はどのユーザがポートXからの接続を開始し、自分のポートYへの接続を初期化したのか?というような質問に答えることです。 PostgreSQLは物理的な接続が確立された時にXYの両方を認識するので、接続するクライアントのホスト上のidentサーバに応答指令信号を送ることができ、理論的には与えられたどの接続にもオペレーティングシステムユーザを決定できます。

この手続きの欠点は、クライアントの正直さに頼るところが大きいということです。 もしクライアントマシンが信用されない、もしくは危険に晒されている場合、攻撃者はポート113上でほぼどんなプログラムでも実行することができ、どのユーザ名でも好きに選んで返すことができます。 したがってこの認証方式は、各々のクライアントマシンが厳格な管理下にあり、データベースとシステム管理者が密接に連絡を取り合って動作している、外界から閉ざされたネットワークにのみ適していると言えます。 言い換えると、identサーバが稼働しているマシンを信用しなければなりません。 次の警告に注意してください。

 

身元特定プロトコルは、認証、あるいはアクセス管理プロトコルには意図されていません。

 
 --RFC 1413

いくつかの身元特定サーバは、ユーザ名を(マシンの管理者のみが知っているキーで)暗号化して返すような非標準のオプションを持っています。 このオプションは、身元特定サーバとPostgreSQLとを一緒に使用する場合には、使用してはいけません。 理由はPostgreSQLは、返された文字列を復号化して本当のユーザを決定するための手段を持っていないためです。