他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DISCONNECT

DISCONNECT — データベース接続を終了します。

概要

DISCONNECT connection_name
DISCONNECT [ CURRENT ]
DISCONNECT DEFAULT
DISCONNECT ALL

説明

DISCONNECTはデータベースとの接続(またはすべての接続)を閉ざします。

パラメータ

connection_name

CONNECTコマンドで確立したデータベース接続の名前です。

CURRENT

直前に開いた接続またはSET CONNECTIONコマンドで設定された接続のいずれかである、現在の接続を閉ざします。 これはDISCONNECTに引数が与えられなかった場合のデフォルトです。

DEFAULT

デフォルトの接続を閉ざします。

ALL

開いているすべての接続を閉じます。

int
main(void)
{
    EXEC SQL CONNECT TO testdb AS DEFAULT USER testuser;
    EXEC SQL CONNECT TO testdb AS con1 USER testuser;
    EXEC SQL CONNECT TO testdb AS con2 USER testuser;
    EXEC SQL CONNECT TO testdb AS con3 USER testuser;


    EXEC SQL DISCONNECT CURRENT;  /* con3を閉じる       */
    EXEC SQL DISCONNECT DEFAULT;  /* DEFAULTを閉じる    */
    EXEC SQL DISCONNECT ALL;      /* con2とcon1を閉じる */

    return 0;
}

互換性

DISCONNECTは標準SQLで規定されています。

関連項目

CONNECT, SET CONNECTION