他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

32.3. 設定

設定パラメータのjitは、JITが有効か無効化を決定します。 有効ならば、設定値jit_above_costjit_inline_above_costjit_optimize_above_costは問い合わせでJITコンパイルが実行されるかどうか、どの程度の努力がJITコンパイルに払われるのかを決定します。

jit_providerはどのJIT実装が使われるのかを決定します。 めったに変更する必要はありません。 32.4.2を参照してください。

19.17にあるように、開発とデバッグ目的のために少数の追加設定パラメータがあります。