他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

pg_verify_checksums

pg_verify_checksumsPostgreSQLデータベースクラスタでデータチェックサムを確認する

概要

pg_verify_checksums [option...] [[ -D | --pgdata ] datadir]

説明

pg_verify_checksumsPostgreSQLクラスタでデータチェックサムを確認します。 pg_verify_checksumsを実行する前に、サーバを正常にシャットダウンしなければなりません。 終了ステータスは、チェックサムエラーがなければ0、そうでなければ非ゼロです。

オプション

以下のコマンドラインオプションが利用可能です。

-D directory
--pgdata=directory

データベースクラスタが格納されているディレクトリを指定します。

-v
--verbose

冗長出力を有効にします。 チェックしたファイルをすべて表示します。

-r relfilenode

指定したrelfilenodeのリレーションのチェックサムのみを確認します。

-V
--version

pg_verify_checksumsのバージョンを表示し、終了します。

-?
--help

pg_verify_checksumsコマンドライン引数の使用方法を表示し、終了します。

環境

PGDATA

データベースクラスタが格納されているディレクトリを指定します。-Dオプションを使用して上書きすることができます。