[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER MATERIALIZED VIEW

ALTER MATERIALIZED VIEW — マテリアライズドビューの定義を変更する

概要

ALTER MATERIALIZED VIEW [ IF EXISTS ] name
    action [, ... ]
ALTER MATERIALIZED VIEW name
    DEPENDS ON EXTENSION extension_name
ALTER MATERIALIZED VIEW [ IF EXISTS ] name
    RENAME [ COLUMN ] column_name TO new_column_name
ALTER MATERIALIZED VIEW [ IF EXISTS ] name
    RENAME TO new_name
ALTER MATERIALIZED VIEW [ IF EXISTS ] name
    SET SCHEMA new_schema
ALTER MATERIALIZED VIEW ALL IN TABLESPACE name [ OWNED BY role_name [, ... ] ]
    SET TABLESPACE new_tablespace [ NOWAIT ]


ここでactionは以下のいずれかです。

    ALTER [ COLUMN ] column_name SET STATISTICS integer
    ALTER [ COLUMN ] column_name SET ( attribute_option = value [, ... ] )
    ALTER [ COLUMN ] column_name RESET ( attribute_option [, ... ] )
    ALTER [ COLUMN ] column_name SET STORAGE { PLAIN | EXTERNAL | EXTENDED | MAIN }
    CLUSTER ON index_name
    SET WITHOUT CLUSTER
    SET ( storage_parameter = value [, ... ] )
    RESET ( storage_parameter [, ... ] )
    OWNER TO { new_owner | CURRENT_USER | SESSION_USER }

説明

ALTER MATERIALIZED VIEWは既存のマテリアライズドビューの各種補助属性を変更します。

ALTER MATERIALIZED VIEWを使用するためにはそのマテリアライズドビューを所有していなければなりません。 マテリアライズドビューのスキーマを変更するためには、新しいスキーマに対するCREATE権限を持たなければなりません。 所有者を変更するためには、新しく所有者となるロールの直接または間接的なメンバでなければなりません。 またそのロールはマテリアライズドビューのスキーマに対してCREATE権限を持たなければなりません。 (これらの制限により、マテリアライズドビューを削除し再作成することによってできる以上のことを所有者の変更で行えないようにします。 しかしスーパーユーザはいずれにせよ任意のビューの所有権を変更することができます。)

DEPENDS ON EXTENSIONの構文は、マテリアライズドビューが拡張に依存するものとして印を付けます。 これにより、拡張が削除されたときはマテリアライズドビューも自動的に削除されるようになります。

ALTER MATERIALIZED VIEW文で利用可能な副構文と操作は、ALTER TABLEで利用できるものの部分集合であり、マテリアライズドビューに対して使用した場合も同じ意味を持ちます。 詳細についてはALTER TABLEの説明を参照してください。

パラメータ

name

既存のマテリアライズドビューの名前(スキーマ修飾可)です。

column_name

新しいまたは既存の列の名前です。

extension_name

マテリアライズドビューが依存することになる拡張の名前です。

new_column_name

既存の列に対する新しい名前です。

new_owner

マテリアライズドビューの新しい所有者となるユーザの名前です。

new_name

マテリアライズドビューの新しい名前です。

new_schema

マテリアライズドビューの新しいスキーマです。

マテリアライズドビューfooの名前をbarに変更します。

ALTER MATERIALIZED VIEW foo RENAME TO bar;

互換性

ALTER MATERIALIZED VIEWPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE MATERIALIZED VIEW, DROP MATERIALIZED VIEW, REFRESH MATERIALIZED VIEW