[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER STATISTICS

ALTER STATISTICS — 拡張統計オブジェクトの定義を変更する

概要

ALTER STATISTICS name OWNER TO { new_owner | CURRENT_USER | SESSION_USER }
ALTER STATISTICS name RENAME TO new_name
ALTER STATISTICS name SET SCHEMA new_schema

説明

ALTER STATISTICSは既存の拡張統計オブジェクトのパラメータを変更します。 ALTER STATISTICSコマンドで明示的に設定されないパラメータは、以前の設定を保持します。

ALTER STATISTICSを使用するには、その統計オブジェクトを所有していなければなりません。 統計オブジェクトのスキーマを変更するには、新しいスキーマに対するCREATE権限も持っていなければなりません。 所有者を変更するには、新しい所有ロールの直接的あるいは間接的なメンバーでも無ければならず、またそのロールは統計オブジェクトのスキーマに対するCREATE権限を持っていなければなりません。 (これらの制限は、統計オブジェクトを削除し、そして再作成することによって実現できないことを、所有者を変更することで実現できることがないことを強制するものです。 しかし、スーパーユーザはどの統計オブジェクトの所有者も変更できます。)

パラメータ

name

変更の対象となる統計オブジェクトの名前(オプションでスキーマ修飾可)です。

new_owner

統計オブジェクトの新しい所有者のユーザ名です。

new_name

統計オブジェクトの新しい名前です。

new_schema

統計オブジェクトの新しいスキーマです。

互換性

標準SQLにはALTER STATISTICSコマンドはありません。

関連項目

CREATE STATISTICS, DROP STATISTICS