他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE TEXT SEARCH CONFIGURATION

CREATE TEXT SEARCH CONFIGURATION — 新しいテキスト検索設定を定義する

概要

CREATE TEXT SEARCH CONFIGURATION name (
    PARSER = parser_name |
    COPY = source_config
)

説明

CREATE TEXT SEARCH CONFIGURATIONは新しいテキスト検索設定を作成します。 テキスト検索設定は、文字列をトークンに分割するためのテキスト検索パーサを指定すると共に、どのトークンを検索対象とするかを決定するために使用する辞書を特定します。

パーサのみが指定された場合、新しいテキスト検索設定の初期状態では、トークン型と辞書との対応付けが存在しません。 そのため、すべての単語が無視されます。 この設定を実用できるようにするためには、後でALTER TEXT SEARCH CONFIGURATIONコマンドを使用して、対応付けを作成しなければなりません。 この他に、既存のテキスト検索設定を複製することも可能です。

スキーマ名が指定された場合、テキスト検索設定は指定されたスキーマ内に作成されます。 そうでなければ、現在のスキーマ内に作成されます。

テキスト検索設定を定義したユーザが所有者になります。

詳細は第12章を参照してください。

パラメータ

name

作成するテキスト検索設定の名称です。 名前をスキーマ修飾することができます。

parser_name

この設定で使用するテキスト検索パーサの名称です。

source_config

複製するテキスト検索設定の名称です。

注釈

PARSERCOPYオプションを同時に使用することはできません。 既存の設定が複製される場合は、パーサの設定も複製されるためです。

互換性

標準SQLにはCREATE TEXT SEARCH CONFIGURATION文はありません。

関連項目

ALTER TEXT SEARCH CONFIGURATION, DROP TEXT SEARCH CONFIGURATION