[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP FOREIGN TABLE

DROP FOREIGN TABLE — 外部テーブルを削除する

概要

DROP FOREIGN TABLE [ IF EXISTS ] name [, ...] [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP FOREIGN TABLEは外部テーブルを削除します。 外部テーブルの所有者のみが削除することができます。

パラメータ

IF EXISTS

外部テーブルが存在しない場合でもエラーになりません。 この場合注意メッセージが発行されます。

name

削除する外部テーブルの名前です(スキーマ修飾名も可)。

CASCADE

削除する外部テーブルに依存しているオブジェクト(ビューなど)を自動的に削除し、さらにそれらのオブジェクトに依存するすべてのオブジェクトも削除します(5.13参照)。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合に、外部テーブルの削除を拒否します。 こちらがデフォルトです。

filmsおよびdistributorsという2つの外部テーブルを破棄します。

DROP FOREIGN TABLE films, distributors;

互換性

このコマンドは、ISO/IEC 9075-9 (SQL/MED)では1つのコマンドで1つの外部テーブルのみを削除できるという点、および、PostgreSQLの拡張であるIF EXISTSオプションを除き、この標準に従います。

関連項目

ALTER FOREIGN TABLE, CREATE FOREIGN TABLE