他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP ROUTINE

DROP ROUTINE — ルーチンを削除する

概要

DROP ROUTINE [ IF EXISTS ] name [ ( [ [ argmode ] [ argname ] argtype [, ...] ] ) ] [, ...]
    [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP ROUTINEは既存のルーチン、すなわち、集約関数や通常の関数、プロシージャを削除します。 パラメータや例、さらなる詳細の説明はDROP AGGREGATEDROP FUNCTIONDROP PROCEDUREを参照してください。

integer型に対するルーチンfooを削除します。

DROP ROUTINE foo(integer);

このコマンドはfooが集約、関数、プロシージャの何れであるかによらず動作します。

互換性

このコマンドはSQL標準に準拠していますが、以下のPostgreSQLの拡張があります。

  • 標準ではコマンド毎に一つのルーチンしか削除できません。

  • IF EXISTSオプション

  • 引数のモードと名前を指定できます。

  • 集約関数は拡張です。

関連項目

DROP AGGREGATE, DROP FUNCTION, DROP PROCEDURE, ALTER ROUTINE

CREATE ROUTINEコマンドは無いことに注意してください。