他のバージョンの文書 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

52.52. pg_subscription

カタログpg_subscriptionには、存在するすべての論理レプリケーションのサブスクリプションが入ります。 論理レプリケーションについての詳細な情報は第31章を参照してください。

ほとんどのシステムカタログとは異なり、pg_subscriptionはクラスタ内の全データベースで共有されます。 つまりクラスタごとにpg_subscriptionの実体は1つだけ存在し、データベースごとに1つではありません。

subconninfoには平文のパスワードが含まれる可能性があるため、一般ユーザによるアクセス権は取り消されています。

表52.52 pg_subscriptionの列

列 型

説明

oid oid

行識別子

subdbid oid (参照先 pg_database.oid

サブスクリプションが存在するデータベースのOID

subname name

サブスクリプションの名前

subowner oid (参照先 pg_authid.oid

サブスクリプションの所有者

subenabled bool

真の場合、サブスクリプションは有効でレプリケーションが行われています。

subbinary bool

真ならばサブスクリプションはパブリッシャに対してバイナリ形式でデータを送るように要求します。

substream bool

真ならば、サブスクリプションは進行中のトランザクションをストリーミングすることを許可します。

subconninfo text

上流のデータベースへの接続文字列

subslotname name

上流のデータベースのレプリケーションスロットの名前。 (ローカルレプリケーションのオリジン名としても使われます。) NULLはNONEを表します。

subsynccommit text

サブスクリプションワーカが使用するsynchronous_commitの設定値

subpublications text[]

サブスクライブされるパブリケーション名の配列です。 上流データベースで定義されたパブリケーションを参照します。 パブリケーションについての詳細は31.1を参照してください。