他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

3.15. pg_proc

このカタログは関数(またはプロシージャ)に関する情報を格納しています。 CREATE FUNCTION コマンドの説明と プログラマガイドにはいくつかのフィールドについてより詳しい情報が書かれています。

Table 3-15. pg_proc の列

名前参照先説明
pronamename 関数名
proownerint4pg_shadow.usesysid関数の所有者(作成者)
prolangoidpg_language.oidこの関数の実装言語または呼び出しインターフェイス
proisinhbool 使用されていません
proistrustedbool 機能していません
proiscachablebool 同じ入力値に対し同じ結果を返す関数
proisstrictbool  呼び出し引数が NULL 値 の場合には NULL 値を返す関数。その場合、その関数は実際にはまったく呼び出されません。 "厳格"ではない関数は NULL 値入力を取り扱えるようにしなければいけません。
pronargsint2 引数の数
proretsetbool 集合を返す関数(すなわち指定されたデータ型の複数の値)
prorettypeoidpg_type.oid返り値の型(関数が何も返さない場合は 0)
proargtypesoidvectorpg_type.oidベクトルと関数の引数のデータ型
probyte_pctint4 使用されていません
properbyte_cpuint4 使用されていません
propercall_cpuint4 使用されていません
prooutin_ratioint4 使用されていません
prosrctext  これは関数に起動をかっける方法を関数ハンドラに伝えます。実装された言語や呼び出し仕様によって解釈された言語やリンクシンボル、ファイル名などの関数の実際のソースコードかもしれません。
probinbytea 関数に起動を書ける方法に付いての追加情報。同じように解釈は言語に依存します。

現在 prosrc は取りこまれたものと動的にロードされるもの両方に対し、コンパイルされた関数に対する関数の C 言語による名称(リンクシンボル)を持っています。すべての他の言語型に対して、prosrc は関数のソーステキストを持ちます。

現在 probin は動的にロードされた C 関数に対してその関数を保有する共有ライブラリファイルの名前を与える以外には使用されていません。