他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

9.4. データベースラッパクラス: DB

Table of Contents
pkey — テーブルのプライマリキーを返します。
get_databases — システムにあるデータベースのリストを取得します。
get_tables — 接続しているデータベースのテーブルのリストを取得します。
get_attnames — テーブルの属性名を返します。
get — データベーステーブルからタプルを取得します
insert — データベーステーブルにタプルを挿入します。
update — データベーステーブルを更新します
clear — データベースのテーブルを除去します。
delete — テーブルから行を削除します。

pgモジュールにはDBというクラスが含まれています。また、すべてのpgobject メソッドもこのクラスに含まれます。また、その他の追加 DBクラスメソッドは下記に記述しています。これらのモジュールの推薦使用方法も下記に記述されています(以下の初期化メソッドの説明も参照してください)。

import pg

db = pg.DB(...)

for r in db.query(
    "SELECT foo,bar
       FROM foo_bar_table
      WHERE foo !~ bar"
    ).dictresult():

    print '%(foo)s %(bar)s' % r

以下に、このクラスのメソッドと変数の説明を示します。

DBクラスは、pg.connectメソッドと同じ引数で初期化されます。また、いくつかの内部変数に対しても初期化を行います。db = DB()という文は、 pg.connect()と同じようにユーザ名でローカルデータベースと接続します。