他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

9.3. 接続オブジェクト: pgobject

Table of Contents
query — SQL コマンドを実行します。
reset — データベース接続をリセットします。
close — データベース接続を切断します。
fileno — データベースに接続するために使用されているソケットを返します。
getnotify — サーバーからの最後のNOTIFYメッセージを取得します。
inserttable — テーブルにリストを挿入します。
putline — サーバソケットに行を書き出します。 [DA]
getline — サーバソケットから行を取得します。 [DA]
endcopy — クライアントとサーバーを同期化させます。[DA]
locreate — データベース内にラージオブジェクトを作成します。 [LO]
getlo — 与えられたoidからラージオブジェクトをビルドします。[LO]
loimport — ファイルからPostgreSQLラージオブジェクトにインポートします。 [LO]

このオブジェクトは、PostgreSQLデータベースとの接続を扱います。この接続を定義しているすべての引数を埋め込み、隠蔽し、実際に重要な引数のみを関数呼び出しに残してます。

メソッドの中には、接続ソケットへ直接接続を行うものがあります。このドキュメントでは、これらに[DA]というマークを付けてあります。 これらは、使用方法をしっかりと把握してから使用してください。 これらを無効にするにはPythonSetupファイルで-DNO_DIRECTオプションを設定してください。

その他のメソッドとしては、ラージオブジェクトへのアクセスを行うものがあります。モジュールからそれらへの接続を行わない場合には PythonSetupファイルで-DNO_LARGEオプションを設定してください。これらのメソッドには[LO]というマークを付けてあります。

すべてのpgobjectは接続とその状態を表現する読み込み専用の属性群を定義しています。以下にその属性を示します。

host

サーバのホスト名(文字列)

port

サーバのポート(整数)

db

指定されたデータベース(文字列)

options

接続オプション(文字列)

tty

接続デバッグターミナル(文字列)

user

データベースシステムのユーザ名(文字列)

status

接続状態(整数、1:正常、0:異常)

error

サーバからの最後に送られた警告/エラーメッセージ(文字列)