他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

Chapter 1. PostgreSQL ソースコード

1.1. フォーマット

ソースコードのフォーマットでは、タブを4カラムとするスペーシングを使用し、現在はタブを保存しています(つまりタブをスペースに展開しません)。

Emacsに関しては、~/.emacs初期化ファイルに以下のようなものを追加してください。

;; パスに "postgres" または "pgsql"が含まれているか検査する。
(setq auto-mode-alist
  (cons '("\\(postgres\\|pgsql\\).*\\.[ch]\\'" . pgsql-c-mode)
        auto-mode-alist))
(setq auto-mode-alist
  (cons '("\\(postgres\\|pgsql\\).*\\.cc\\'" . pgsql-c-mode)
        auto-mode-alist))

(defun pgsql-c-mode ()
  ;; PostgreSQL C コード用のフォーマットの設定を行う
  (interactive)
  (c-mode)
  (setq-default tab-width 4)
  (c-set-style "bsd")             ; c-basic-offset を4に設定し、いくつか追加する
  (c-set-offset 'case-label '+)   ; PG に合わせてcase 文のインデントを変更する
  (setq indent-tabs-mode t))      ; インデント処理時にタブを保持させる

viに関しては、~/.vimrc、またはその類のファイルに下記の内容が含まれている必要があります。

set tabstop=4

または、vi内で下記のようにコマンドを実行してください。

:set ts=4

テキストを読むためのツール、morelessは以下のようにすれば実行できます。

more -x4
less -x4