他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

21.2. PL/Perl におけるデータ値

PL/Perl 関数スクリプトに与えられる引数の値は、(SELECT 文によって表示されるものと同じ) テキスト形式に変換された単なる入力引数です。逆に、return コマンドは、その関数宣言における戻り値の型の入力形式として受け付けることができる、任意の文字列を受け付けます。ですから、PL/Perl のプログラマはあたかも単なるテキストかのようにデータ値を扱うことができます。