他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_execp

Name

SPI_execp -- SPI_prepare による計画を実行します。

Synopsis

SPI_execp(plan,
values,
nulls,
tcount)

入力

void *plan

実行計画

Datum *values

パラメータの実際の値

char *nulls

どのパラメータがNULLかを示す配列

n は NULL を示します。 (values[] エントリは無視されます)
空白は非 NULL を示します。 (values[] エントリは有効です)

int tcount

計画が実行対象とするタプルの数です。

出力

int

SPI_execと同様に、次のものを返します。

引数 plan が NULL または引数 tcount < 0の場合 SPI_ERROR_ARGUMENT です。
引数 values が NULL かつ、引数 plan が何かしらの引数を必要とする場合 SPI_ERROR_PARAM です。

SPI_tuptable

成功した場合は、SPI_execの場合と同様に初期化されます。

SPI_processed

成功した場合は、SPI_execの場合と同様に初期化されます。

説明

SPI_execp は、SPI_prepare で準備された計画を実行します。 tcountSPI_exec の場合と同様に解釈されます。

使用方法

nulls が NULL の場合、SPI_execp は(もしあるのであれば)全てのパラメータは非 NULL であると前提します。

Note: 準備された計画によって参照される(リレーションや関数などの)オブジェクトの1つがセッション中に(バックエンドや他のプロセスによって)削除された場合、この計画のSPI_execp結果は予測することができません。