他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_prepare

名前

SPI_prepare -- コマンドの計画を準備します。コマンドの実行はまだ行ないません。

概要

void * SPI_prepare(const char * command, int nargs, Oid * argtypes)

説明

SPI_prepare は指定したコマンド用の実行計画を作成し、それを返します。 しかし、そのコマンドは実行しません。 この関数は接続済のプロシージャからのみ呼び出さなければなりません。

同じ、あるいは、類似のコマンドが繰返し実行される場合、一度だけ計画作成を行なう利点があります。 SPI_prepare はコマンド文字列を、SPI_execpを使用して繰返し実行することができる実行計画に変換します。

準備されたコマンドは、通常のコマンドないの定数となる場所を($1$2などの)パラメータで記述することで一般化することができます。 そしてパラメータの実際の値は、SPI_execp が呼び出される時に指定されます。 これにより、準備されたコマンドは、パラメータがない場合に比べ、より広範な状況で使用できるようになります。

SPI_finishは計画用に割り当てられたメモリを解放しますので、SPI_prepareで返される計画は、そのプロシージャの現在の呼び出し内でのみ使用することができます。 しかし、SPI_saveplan関数を使用して長期間計画を保存することもできます。

引数

const char * command

コマンド文字列。

int nargs

($1$2など)入力パラメータ数。

Oid * argtypes

パラメータのデータ型のOIDを持つ配列へのポインタ。

戻り値

SPI_prepareは、実行計画への非ヌルのポインタを返します。 エラーの場合、NULLが返されます。 両方とも、SPI_execの戻り値と似たSPI_resultが設定されます。 しかし、commandNULLの場合やnargsが0未満の場合、nargsが0以上かつargtypesNULLの場合は、SPI_ERROR_ARGUMENTに設定されます。

注意

パラメータを使用する場合欠点があります。 プランナはパラメータに与えられる値が何であるかを理解しませんので、すべての定数が可視である単純な問い合わせで作成されるものより、問い合わせ計画の選択が悪化する可能性があります。