他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

41.15. pg_group

pg_group カタログはグループを定義し、どのグループにどのユーザが所属しているかを保存しています。グループは CREATE GROUP コマンドで作成されます。ユーザ権限管理に関することは 第17章 を参照してください。

ユーザとグループの身元はクラスタ全体にわたる情報ですから pg_group はクラスタのすべてのデータベースで共有されます。データベース毎ではなく、クラスタ毎にたった一つだけ pg_group の複製があります。

表 41-15. pg_group の列

名前参照先説明
gronamename グループ名
grosysidint4 グループを識別する任意の数値
grolistint4[]pg_shadow.usesysidグループに所属するユーザの ID を保存する配列