他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

36.6. PL/Tcl のトリガプロシージャ

トリガプロシージャをPL/Tclで作成することができます。 PostgreSQLでは、トリガとして呼び出されるプロシージャは、trigger型の戻り値を返す引数のない関数として宣言する必要があります。

トリガマネージャからの情報は、以下の変数内に格納されてプロシージャ本体に渡されます。

$TG_name

CREATE TRIGGER文によるトリガ名。

$TG_relid

そのトリガプロシージャ呼び出しが発生したテーブルのオブジェクトID。

$TG_relatts

先頭に空のリスト要素を持つ、テーブルの列名のTclリスト。 Tcllsearchコマンドを使用して、そのリストから列名を検索することで、最初の列を1とした要素番号が返されます。 これは、PostgreSQLでの通常の列の番号付けと同じです。 (また空のリスト要素は、右側の列の属性番号を正しくするために、削除された列の位置に現れます。)

$TG_when

トリガ呼び出しの種類に応じた、BEFOREまたはAFTERという文字列。

$TG_level

トリガ呼び出しの種類に応じた、ROWまたはSTATEMENTという文字列。

$TG_op

トリガ呼び出しの種類に応じた、INSERTUPDATE または DELETEという文字列。

$NEW

INSERT/UPDATE動作の場合は新しいテーブル行の値を、DELETE動作の場合は空を持つ連想配列。 配列のインデックスは列名です。 NULLの列はこの配列内には現れません。

$OLD

UPDATE/DELETE動作の場合は古いテーブル行の値を、INSERT動作の場合は空を持つ連想配列。 配列のインデックスは列名です。 NULLの列はこの配列内には現れません。

$args

CREATE TRIGGER文で指定された、プロシージャへの引数のTclリスト。 この引数は、プロシージャ本体から$1 ... $nとしてもアクセスすることができます。

トリガプロシージャからの戻り値は、OKという文字列、SKIPという文字列、array get Tclコマンドによって返されるリストの内の1つを取ることができます。 戻り値がOKの場合、トリガを発行した操作(INSERT/UPDATE/DELETE)は正常に処理されます。 SKIPはトリガマネージャにこの行に対する操作を何も出力せずに中止するように通知します。 リストが返された場合は、PL/Tclに対し、トリガマネージャによって与えられた$NEWではなく、変更した行を挿入するようにトリガマネージャに返すことを通知します。 (これはINSERT/UPDATEの場合のみ動作します。) いうまでもありませんが、これらは全て、トリガがBEFOREかつFOR EACH ROWの時にのみ意味があります。 さもなければ、戻り値は無視されます。

ここで、テーブル内の整数値としてその行に対する更新数を記録させる、小さめのトリガプロシージャの例を示します。 新規の行が挿入された場合は、その値は0に初期化され、その後の各更新操作時に1が加算されます。

CREATE FUNCTION trigfunc_modcount() RETURNS trigger AS $$
    switch $TG_op {
        INSERT {
            set NEW($1) 0
        }
        UPDATE {
            set NEW($1) $OLD($1)
            incr NEW($1)
        }
        default {
            return OK
        }
    }
    return [array get NEW]
$$ LANGUAGE pltcl;

CREATE TABLE mytab (num integer, description text, modcnt integer);

CREATE TRIGGER trig_mytab_modcount BEFORE INSERT OR UPDATE ON mytab
    FOR EACH ROW EXECUTE PROCEDURE trigfunc_modcount('modcnt');

トリガプロシージャ自身は列名を認識していない点に注目してください。 これは、トリガの引数として与えられます。 これにより、このトリガプロシージャを別のテーブルで再利用することができます。