他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER INDEX

名前

ALTER INDEX -- インデックス定義の変更

概要

ALTER INDEX name 
    action [, ... ]
ALTER INDEX name
    RENAME TO new_name

ここでactionは以下のいずれかです。

    OWNER TO new_owner
    SET TABLESPACE indexspace_name

説明

ALTER INDEXは既存のインデックスの定義を変更します。 以下のような複数の副形式が存在します。

OWNER

この形式では、インデックスの所有者を指定ユーザに変更します。 これはスーパーユーザのみ実行することができます。

SET TABLESPACE

この形式では、インデックスのテーブル空間を指定したテーブル空間に変更し、インデックスに関連する(複数の)データファイルの移動を行います。 CREATE TABLESPACEも参照してください。

RENAME

このRENAME形式では、インデックスの名前を変更します。 格納されたデータには影響ありません。

RENAME以外の全ての動作は複数の変更の列挙に組み合わせることができ、その場合、それらの動作並行に処理されます。

パラメータ

name

変更対象の既存のインデックスの名前です。(スキーマ修飾も可。)

new_name

インデックスの新しい名前です。

new_owner

インデックスの新しい所有者のユーザ名です。

tablespace_name

インデックスの移動先のテーブル空間の名前です。

注釈

これらの操作はALTER TABLEを使用しても行うことができます。 実のところ、ALTER INDEXは、ALTER TABLEのインデックス用の形式のただの別名です。

システムカタログ用のインデックスに対する変更は全く許されていません。

既存のインデックスの名前を変更します。

ALTER INDEX distributors RENAME TO suppliers;

インデックスを別のテーブル空間に移動します。

ALTER INDEX distributors SET TABLESPACE fasttablespace;

互換性

ALTER INDEXPostgreSQLの拡張です。