[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER OPERATOR

名前

ALTER OPERATOR -- 演算子の定義の変更

概要

ALTER OPERATOR name ( { lefttype | NONE } , { righttype | NONE } ) OWNER TO newowner

説明

ALTER OPERATORは演算子の定義を変更します。 今の所、演算子の所有者を変更する機能のみが使用できます。

パラメータ

name

既存の演算子の名前です。(スキーマ修飾名も可。)

lefttype

演算子の左オペランドのデータ型です。 左オペランドがない演算子の場合はNONEと書いてください。

righttype

演算子の右オペランドのデータ型です。 右オペランドがない演算子の場合はNONEと書いてください。

newowner

新しい演算子の所有者です。 演算子の所有者を変更するにはスーパーユーザでなければなりません。

独自のtext型用のa @@ b演算子の所有者を変更します。

ALTER OPERATOR @@ (text, text) OWNER TO joe;

互換性

標準SQLには ALTER OPERATOR 文はありません。

関連項目

CREATE OPERATOR, DROP OPERATOR