他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

42.10. pg_autovacuum

pg_autovacuumカタログは、自動バキュームデーモンについての付加的なリレーションごとの設定パラメータを保存しています。 もし特定のリレーションで、このカタログにエントリがある場合は、与えられたパラメータは、対象のテーブルに対しての自動バキュームに使用されます。エントリが無い場合はシステムのデフォルト値が使用されます。

表 42-10. pg_autovacuumの列

名前参照先説明
vacrelidoidpg_class.oidこのエントリが指しているテーブル
enabledbool falseの場合は、このテーブルは自動バキュームされません。
vac_base_threshinteger バキューム前の変更された列数の最小値
vac_scale_factorfloat4 vac_base_threshに加算されるreltuplesの乗数
anl_base_threshinteger 解析前に変更された列の最小値
anl_scale_factorfloat4 anl_base_threshに加算されるreltuplesの乗数
vac_cost_delayinteger vacuum_cost_delayのカスタムパラメータ
vac_cost_limitinteger vacuum_cost_limitカスタムパラメータ