他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP SCHEMA

名前

DROP SCHEMA -- スキーマを削除する

概要

DROP SCHEMA name [, ...] [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP SCHEMAはデータベースからスキーマを削除します。

スキーマを削除できるのは、所有者またはスーパーユーザのみです。 所有者は、スキーマ内に自分が所有していないオブジェクトが含まれていても、そのスキーマ(およびそこに含まれる全てのオブジェクト)を削除できます。

パラメータ

name

スキーマの名前です。

CASCADE

スキーマに含まれるオブジェクト(テーブル、関数など)を自動的に削除します。

RESTRICT

スキーマにオブジェクトが含まれている場合は、スキーマの削除を拒否します。 こちらがデフォルトです。

データベースからmystuffスキーマ、およびそこに含まれる全てのオブジェクトを削除します。

DROP SCHEMA mystuff CASCADE;

互換性

標準SQLでは一度のコマンド実行につき1つのスキーマしか削除できないという点を除き、DROP SCHEMAは、標準SQLと完全な互換性を持ちます。

関連項目

ALTER SCHEMA, CREATE SCHEMA