他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.1. はじめに

GINとは汎用転置インデックスを表します。 これは、(キー、投稿されたリスト)の組み合わせの集合を格納するインデックス構造です。 ここで"投稿されたリスト"は、キーに合う行の集合です。 インデックス付けされた値はそれぞれ、多くのキーを持つ可能性があります。 このため、同じ行IDが複数の投稿されたリストに表れるかもしれません。

GINインデックスは、高速化対象の操作を注意する必要がないという意味で汎用化されています。 その代わり、特定のデータ型に対して定義された独自の戦略を使用します。

GINの利点の1つは、データベース専門家ではなくデータ型の分野における専門家により、適切なアクセスメソッドを持つ独自のデータ型を開発できるという点です。 これはGiSTの使用とほぼ同じ利点です。

PostgreSQLにおけるGINの実装は、主にTeodor SigaevとOleg Bartunovにより保守されています。 GINに関する情報は彼らのwebサイトeにより多く記載されています。