他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 37章PL/pgSQL - SQL手続き言語

目次
37.1. 概要
37.1.1. PL/pgSQLを使用することの利点
37.1.2. 引数と結果データ型のサポート
37.2. PL/pgSQLによる開発向けのヒント
37.3. PL/pgSQLの構造
37.4. 宣言
37.4.1. 関数引数の別名
37.4.2. 型の複製
37.4.3. 行型
37.4.4. レコード型
37.4.5. RENAME
37.5.
37.6. 基本的な文
37.6.1. 代入
37.6.2. 結果を伴わない問い合わせの実行
37.6.3. 1行の結果を返す問い合わせの実行
37.6.4. まったく何もしない
37.6.5. 動的コマンドの実行
37.6.6. 結果ステータスの取得
37.7. 制御構造
37.7.1. 関数からの復帰
37.7.2. 条件分岐
37.7.3. 単純なループ
37.7.4. 問い合わせ結果による繰り返し
37.7.5. エラーの捕捉
37.8. カーソル
37.8.1. カーソル変数の宣言
37.8.2. カーソルを開く
37.8.3. カーソルの使用
37.9. エラーとメッセージ
37.10. トリガプロシージャ
37.11. Oracle PL/SQLからの移植
37.11.1. 移植例
37.11.2. その他の注意事項
37.11.3. 付録

PL/pgSQLは、PostgreSQLデータベースシステム用の読み込み可能な手続き言語です。 PL/pgSQLの設計目的は、次のような読み込み可能な手続き言語でした。

ユーザ定義型用の入出力変換と計算関数を除き、C言語関数で定義できる事は全てPL/pgSQLでも実現できます。 例えば、複雑な条件のある演算処理関数の作成が可能ですし、作成した関数を使用して演算子を定義することも、インデックス式にその関数を使用することも可能です。