他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

52.2. 拡張性

GINインタフェースは高度に抽象化されています。 アクセスメソッド実装者に要求されることは、アクセスするデータ型の意味を実装することだけです。 GIN層自体が同時実行性、ログ処理、ツリー構造の検索処理に関する注意を行います

GINアクセスメソッドを動作させるために取ることは、4つのユーザ定義関数を実装することだけです。 これは、ツリー内のキーの動作とキーとインデックス付けされる値、インデックス可能な問い合わせ間の関係を定義します。 すなわち、GINは、一般化、コード再利用、整理されたインタフェースによる拡張性を組み合わせます。

GIN用のインデックス演算子クラスが提供しなければならない内4つのメソッドを示します。

int compare(Datum a, Datum b)

キー(インデックス付けされる値ではありません)を比較し、0より小さい、0、または0より大きい整数を返します。 それぞれ、最初のキーが2番目のキーより、小さい、等しい、または大きいことを示します。

Datum* extractValue(Datum inputValue, int32 *nkeys)

インデックス対象値に与えられるキーの配列を返します。 返されるキーの数は*nkeysに格納しなければなりません。

Datum* extractQuery(Datum query, int32 *nkeys, StrategyNumber n)

問い合わせ対象の値に与えられるキーの配列を返します。 つまり、queryはインデックス可能な演算子の右辺の値です。 この左辺はインデックス対象の列です。 nは演算子クラス内の演算子の戦略数です(項34.14.2を参照)。 extractQueryはしばしば、queryのデータ型と抽出しなければならないキー値を決定するために、nを調べなければなりません。 返されるキーの数を*nkeysに格納しなければなりません。 キー数が0の場合、extractQuery*nkeysに0または-1を格納しなければなりません。 0は行がとにかくqueryに一致することを表し、シーケンススキャンが生成されなければならないことを意味します。 -1はqueryを満たす行が存在しないことを意味します。 指定した戦略番号における操作の意味に基づいて値の選択をしなければなりません。

bool consistent(bool check[], StrategyNumber n, Datum query)

インデックス対象値が戦略数nの問い合わせ演算子を満たす(演算子がその演算子クラスでRECHECKと印が付いている場合は満たす)場合、真を返します。 check配列の長さは、この問い合わせについて事前に行われたextractQueryが返したキーの数と同じです。 インデックス対象値が対応する問い合わせキーを持つ場合、check配列の各要素は真です。 つまり、(check[i] == TRUE)の場合、extractQueryの結果配列のi番目のキーがインデックス対象値内に存在します。 元のqueryデータ(抽出されたキー配列ではありません)は、consistentメソッドがそれを調査する必要がある場合に、渡されます。