他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

33.48. user_mapping_options

user_mapping_optionsビューは現在のデータベースでユーザマッピングに定義された全てのオプションを含みます。現在のユーザが対応する外部サーバへのアクセスを所有しているとき(所有者または何らかの権限を持っていることで)表示されます。

表 33-46. user_mapping_options Columns

名前データ型説明
authorization_identifiersql_identifierマップされているユーザ名、 またはマッピングがpublicであればPUBLIC
foreign_server_catalogsql_identifierこのマッピングがその中で定義されている外部サーバのデータベース名(常に現在のデータベース)
foreign_server_namesql_identifierこのマッピングに使用される外部サーバ名
option_namesql_identifierName of an option
option_valuecharacter_dataオプション名。この列は現在のユーザがマップされたユーザか、マッピングがPUBLICで現在のユーザがサーバ所有者、もしくは現在のユーザがスーパユーザでない限りnullを示します。目的はユーザマッピングオプションとして格納されているパスワード情報の保護