他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

17.9. SSHトンネルを使った安全なTCP/IP接続

クライアントとPostgreSQLサーバ間のネットワーク接続を暗号化するためにSSHを使うことができます。 正しく行えば、SSL機能がクライアントになくても、これで十分に安全なネットワーク接続を行うことができます。

まずSSHサーバがPostgreSQLサーバと同じマシン上で正しく起動していて、sshを使ってログインできるユーザが存在することを確かめてください。 そうすると、次に示すコマンドでクライアントマシンから安全なトンネルを確立することができます。

ssh -L 63333:localhost:5432 joe@foo.com

-L引数の1番目の数字(63333)はトンネルのローカル側のポート番号で、自由に選択することが可能です。(IANAは49152から65535までのポートを私的使用のため予約しています。) 2番目の数字(5432)は、トンネルのリモート側のサーバが使用しているポート番号です。 2つのポート番号間の名前もしくはアドレスは、ログインしようとしているホストから見られる接続しようとしているデータベースサーバのホストで、例の中のfoo.comです。 このトンネルを使ってデータベースサーバに接続するためには、ローカルマシンのポート63333に接続します。

psql -h localhost -p 63333 postgres

データベースサーバにとっては、ユーザが実際にホストfoo.com上のユーザjoeであるかのように見え、このユーザとホストによる接続向けに設定された認証手続きが使用されます。 サーバはこの接続がSSLで暗号化されているとみなさないことに注意してください。 実際、SSHサーバとPostgreSQLサーバとの間は暗号化されません。 この2つのサーバが同一マシンにある限り、セキュリティ上の危険性が増すことはありません。

トンネルの確立が成功するためには、sshを使用して端末セッションを確立したのと同様に、joe@foo.comユーザがsshを通して接続することが許可されていなければいけません。

以下に示すようにポートフォワードを設定することができます。

ssh -L 63333:foo.com:5432 joe@foo.com

しかしそうすると、データベースサーバはそのfoo.comインターフェイスから接続が来たように判断し、デフォルトの設定であるlisten_addresses = 'localhost'では開かれません。通常これは好ましいことではありません。

どこかのログインホスト経由でデータベースサーバに"跳躍"しなければならない場合、以下のようにすることが可能です。

ssh -L 63333:db.foo.com:5432 joe@shell.foo.com

shell.foo.comからdb.foo.comへのこのような接続はSSLトンネルで暗号化されません。SSHはいろいろな方法でネットワークが制約されているとき、かなりの数の設定可能性を提供しています。詳細はSSH文書を参照してください。

ティップ: ここで説明してきたものと似た概念の手続きを使用して、安全なトンネルを提供可能なアプリケーションが他にもいくつか存在します。