[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

F.14. file_fdw

file_fdwモジュールは、サーバのファイルシステムにあるデータファイルにアクセスするのに使用できる外部データラッパfile_fdwを提供します。 データファイルはCOPY FROMで読むことのできるフォーマットでなければなりません。 詳細は COPY を参照してください。

このラッパーで作成された外部テーブルには以下のオプションを設定することができます。

filename

読み込むファイルを指定します。必須です。絶対パスでなければなりません。

format

ファイルフォーマットを指定するもので、COPYFORMATオプションと同じです。

header

ファイルがヘッダ行を持つか指定するもので、COPYHEADERオプションと同じです。

delimiter

ファイルのデリミタ文字を指定するもので、COPYDELIMITERオプションと同じです。

quote

ファイルの引用符文字を指定するもので、COPYQUOTEオプションと同じです。

escape

ファイルのエスケープ文字を指定するもので、COPYESCAPEオプションと同じです。

null

ファイルのnull文字列を指定するもので、COPYNULLオプションと同じです。

encoding

ファイルのエンコーディングを指定するもので、COPYENCODINGオプションと同じです。

COPYOIDSFORCE_QUOTEFORCE_NOT_NULLの各オプションはfile_fdwでは現在サポートされていません。

これらのオプションは外部テーブルにのみ指定可能で、file_fdw外部データラッパやそれを使用するサーバ、ユーザマッピングのオプションには指定できません。

どのファイルから読み込むかを決定できるのはスーパーユーザーのみでなければならない、というセキュリティ上の理由から、テーブルレベルのオプションを変更するにはスーパーユーザ権限が必要です。 原則としては非スーパーユーザはその他のオプションを変更することを許されてもよいのですが、現時点ではサポートされていません。

file_fdwを使用する外部テーブルでは、EXPLAINは読み込むファイルの名前を表示します。COSTS OFFが指定されない場合は(バイト単位の)ファイルサイズも表示されます。