他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE FOREIGN TABLE

名前

CREATE FOREIGN TABLE -- 新しい外部テーブルを定義する

概要

CREATE FOREIGN TABLE [ IF NOT EXISTS ] table_name ( [
  { column_name data_type [ NULL | NOT NULL ] }
    [, ... ]
] )
  SERVER server_name
[ OPTIONS ( option 'value' [, ... ] ) ]

説明

CREATE FOREIGN TABLEは現在のデータベース内に新しい外部テーブルを作成します。 このテーブルはコマンドを発行したユーザにより所有されます。

スキーマ名が指定された場合(例えばCREATE FOREIGN TABLE myschema.mytable ...)、テーブルは指定されたスキーマ内に作成されます。 さもなくば現在のスキーマ内に作成されます。 外部テーブルの名前は同じスキーマ内にある他の外部テーブル、テーブル、シーケンス、インデックス、ビューと異なるものでなければなりません。

CREATE FOREIGN TABLEはまた自動的に外部テーブルの1行に対応する複合型を表すデータ型を作成します。 したがって外部テーブルは同じスキーマ内の既存のデータ型の名前と同じものを持つことができません。

パラメータ

IF NOT EXISTS

同じ名前のリレーションがすでに存在していてもエラーとしません。 この場合注意が発せられます。 既存のリレーションが作成しようとしたものと何かしら似たものであることは保証されません。

table_name

作成するテーブルの名前です(スキーマ修飾名でも可)。

column_name

新しいテーブルで作成される列の名前です。

data_type

列のデータ型です。 これには、配列指定子を含めることができます。 PostgreSQLでサポートされるデータ型の情報に関する詳細は第8章を参照してください。

NOT NULL

その列がNULL値を持てないことを指定します。

NULL

その列がNULL値を持てることを指定します。 これがデフォルトです。

この句は非標準的なSQLデータベースとの互換性のためだけに提供されています。 新しいアプリケーションでこれを使用するのはお勧めしません。

server_name

外部テーブル用の既存サーバの名前です。

OPTIONS ( option 'value' [, ...] )

新しい外部テーブルに関連するオプションです。 設定可能なオプションの名前と値は外部データラッパそれぞれに固有なものであり、外部データラッパの検証関数を用いて検証されます。 オプション名は一意でなければなりません。

film_serverを用いてfilms外部テーブルを作成します。

CREATE FOREIGN TABLE films (
    code        char(5) NOT NULL,
    title       varchar(40) NOT NULL,
    did         integer NOT NULL,
    date_prod   date,
    kind        varchar(10),
    len         interval hour to minute
)
SERVER film_server;

互換性

CREATE FOREIGN TABLEはおおよそ標準SQLに準拠します。 しかしCREATE TABLEとほとんど同様、NULL制約とゼロ列の外部テーブルが許されます。

関連項目

ALTER FOREIGN TABLE, DROP FOREIGN TABLE, CREATE TABLE, CREATE SERVER