他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE USER MAPPING

名前

CREATE USER MAPPING -- 外部サーバのユーザマップを新しく定義します。

概要

CREATE USER MAPPING FOR { user_name | USER | CURRENT_USER | PUBLIC }
    SERVER server_name
    [ OPTIONS ( option 'value' [ , ... ] ) ]

説明

CREATE USER MAPPINGは外部サーバとユーザの対応付けを定義します。 ユーザマップは通常接続情報をカプセル化し、外部データラッパは外部データリソースにアクセスするためにこの情報と外部サーバによりカプセル化した情報を使用します。

外部サーバの所有者は任意のユーザに対するそのサーバ向けのユーザマップを作成することができます。 また、サーバ上でUSAGE権限がユーザに付与されていた場合、ユーザは自身の持つユーザ名に対応するユーザマップを作成することができます。

パラメータ

user_name

外部サーバに対応付けされる既存のユーザ名です。 CURRENT_USERUSERは現在のユーザの名前に一致します。 PUBLICが指定された場合、ユーザ指定がないマップが適用されたときに使用される公開マップと呼ばれるものが作成されます。

server_name

ユーザマップを作成する対象の既存のサーバの名前です。

OPTIONS ( option 'value' [, ... ] )

この句はユーザマップのオプションを指定します。 通常オプションはマップにおける実際のユーザ名とパスワードを定義します。 オプション名は一意でなければなりません。 許されるオプションの名前と値は、サーバの外部データラッパにより異なります。

ユーザbobとサーバfooとのユーザマップを作成します。

CREATE USER MAPPING FOR bob SERVER foo OPTIONS (user 'bob', password 'secret');

互換性

CREATE USER MAPPINGはISO/IEC 9075-9 (SQL/MED)に従います。

関連項目

ALTER USER MAPPING, DROP USER MAPPING, CREATE FOREIGN DATA WRAPPER, CREATE SERVER