他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP OPERATOR CLASS

名前

DROP OPERATOR CLASS -- 演算子クラスを削除する

概要

DROP OPERATOR CLASS [ IF EXISTS ] name USING index_method [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP OPERATOR CLASSは既存の演算子クラスを削除します。 このコマンドを実行するには、演算子クラスの所有者でなければなりません。

DROP OPERATOR CLASSはそのクラスで参照される演算子や関数をまったく削除しません。 演算子クラスに依存するインデックスがある場合、削除を成功させるためにはCASCADEを指定する必要があります。

パラメータ

IF EXISTS

演算子クラスが存在しない場合でもエラーになりません。 この場合注意メッセージが発行されます。

name

既存の演算子クラスの名前です(スキーマ修飾名も可)。

index_method

この演算子クラスを使用するインデックスアクセスメソッドの名前です。

CASCADE

この演算子クラスに依存しているオブジェクトを自動的に削除します。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合に、その演算子クラスの削除を拒否します。 こちらがデフォルトです。

注釈

DROP OPERATOR CLASSは、たとえその演算子族が空になった(特にその演算子族がCREATE OPERATOR CLASSで暗黙的に作成された場合)としても、そのクラスを含む演算子族を削除しません。 空の演算子族は存在しても害はありませんが、整理するためにDROP OPERATOR FAMILYを使用してこの演算子族を削除することを勧めます。 この場合、おそらくより良いのは、代わりにDROP OPERATOR FAMILYを使用することです。

widget_opsという名前のB-tree演算子クラスを削除します。

DROP OPERATOR CLASS widget_ops USING btree;

演算子クラスを使用するインデックスが存在する場合、このコマンドは実行できません。 このようなインデックスを演算子クラスとともに削除するには、CASCADEを指定します。

互換性

標準SQLにはDROP OPERATOR CLASSは存在しません。

関連項目

ALTER OPERATOR CLASS, CREATE OPERATOR CLASS, DROP OPERATOR FAMILY