[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

26.3. スタンバイサーバの設定

standby_mode (boolean)

PostgreSQL サーバをスタンバイとして起動するかどうかを指定します。 このパラメータが on の場合、サーバはアーカイブWALファイルの最後に到達してもリカバリを終了せず、restore_command の実行、および/あるいは、 primary_conninfo で指定されたプライマリサーバへ接続することによって、新しいWALセグメントの取得を継続しようとします。

primary_conninfo (string)

スタンバイサーバがプライマリサーバに接続するための接続文字列を指定します。 この文字列は、項31.1 で説明されている libpq の PQconnectdb 関数が受け入れる書式で記述されます。 この文字列に何のオプションも指定されていない場合、これに対応する環境変数 (項31.13 参照) が確認されます。 もし、環境変数も設定されていない場合、デフォルトの値が使われます。

接続文字列では、プライマリサーバのホスト名(またはアドレス)、スタンバイサーバのデフォルトと異なるのであればポート番号も指定する必要があります。 また、プライマリサーバ上で REPLICATIONLOGIN の権限を保有するロールのユーザを指定しなければなりません (項25.2.5.1 参照)。 プライマリサーバが要求するのであれば、パスワードも記述される必要があります。 パスワードは primary_conninfo に記述することもできますし、スタンバイサーバ上の分離されたファイル ~/.pgpass に記述することもできます (データベース名には replication を使います)。 primary_conninfo 文字列の中には、データベース名を指定しないでください。

standby_modeoff になっている場合、この設定は何の影響も持ちません。

trigger_file (string)

スタンバイサーバにおいて、リカバリの完了を示すトリガファイルを指定します。 もしこの値が設定されていない場合、pg_ctl promoteを使ってスタンバイサーバを昇格させることができます。 standby_modeoff の時には、この設定は何の影響も持ちません。