[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CONNECT

名前

CONNECT -- データベース接続を確立します。

概要

CONNECT TO connection_target [ AS connection_name ] [ USER connection_user_name ]
CONNECT TO DEFAULT
CONNECT connection_user_name
DATABASE connection_target

説明

CONNECTコマンドはクライアントとPostgreSQLサーバとの間の接続を確立します。

パラメータ

connection_target

connection_target 以下の複数の形式の1つを使用して、接続する対象サーバを指定します。

[ database_name ] [ @host ] [ :port ]

TCP/IPを介した接続。

unix:postgresql://host [ :port ] / [ database_name ] [ ?connection_option ]

Unixドメインソケットを介した接続。

tcp:postgresql://host [ :port ] / [ database_name ] [ ?connection_option ]

TCP/IPを介した接続。

SQL文字列定数

上記形式のいずれかで記述された値を持ちます。

ホスト変数

上記形式のいずれかで記述された値を持つchar[]またはVARCHAR[]型のホスト変数。

connection_object

他のコマンドで参照することができる、このデータベース接続の識別子です。省略可能です。 これはSQL識別子またはホスト変数とすることができます。

connection_user

データベース接続用のユーザ名です。

このパラメータは、user_name/passworduser_name IDENTIFIED BY passworduser_name USING passwordのいずれかの形式を使用して、ユーザ名とパスワードを指定することができます。

ユーザ名とパスワードは、SQL識別子、文字列定数、ホスト変数とすることができます。

DEFAULT

libpqで定義された、デフォルトの接続パラメータすべてを使用します。

以下に接続パラメータを指定する複数の種類を示します。

EXEC SQL CONNECT TO "connectdb" AS main;
EXEC SQL CONNECT TO "connectdb" AS second;
EXEC SQL CONNECT TO "unix:postgresql://200.46.204.71/connectdb" AS main USER connectuser;
EXEC SQL CONNECT TO "unix:postgresql://localhost/connectdb" AS main USER connectuser;
EXEC SQL CONNECT TO 'connectdb' AS main;
EXEC SQL CONNECT TO 'unix:postgresql://localhost/connectdb' AS main USER :user;
EXEC SQL CONNECT TO :db AS :id;
EXEC SQL CONNECT TO :db USER connectuser USING :pw;
EXEC SQL CONNECT TO @localhost AS main USER connectdb;
EXEC SQL CONNECT TO REGRESSDB1 as main;
EXEC SQL CONNECT TO AS main USER connectdb;
EXEC SQL CONNECT TO connectdb AS :id;
EXEC SQL CONNECT TO connectdb AS main USER connectuser/connectdb;
EXEC SQL CONNECT TO connectdb AS main;
EXEC SQL CONNECT TO connectdb@localhost AS main;
EXEC SQL CONNECT TO tcp:postgresql://localhost/ USER connectdb;
EXEC SQL CONNECT TO tcp:postgresql://localhost/connectdb USER connectuser IDENTIFIED BY connectpw;
EXEC SQL CONNECT TO tcp:postgresql://localhost:20/connectdb USER connectuser IDENTIFIED BY connectpw;
EXEC SQL CONNECT TO unix:postgresql://localhost/ AS main USER connectdb;
EXEC SQL CONNECT TO unix:postgresql://localhost/connectdb AS main USER connectuser;
EXEC SQL CONNECT TO unix:postgresql://localhost/connectdb USER connectuser IDENTIFIED BY "connectpw";
EXEC SQL CONNECT TO unix:postgresql://localhost/connectdb USER connectuser USING "connectpw";
EXEC SQL CONNECT TO unix:postgresql://localhost/connectdb?connect_timeout=14 USER connectuser;

以下にホスト変数を使用して接続パラメータを指定する方法を示すプログラム例を示します。

int
main(void)
{
EXEC SQL BEGIN DECLARE SECTION;
    char *dbname     = "testdb";    /* database name */
    char *user       = "testuser";  /* connection user name */
    char *connection = "tcp:postgresql://localhost:5432/testdb";
                                    /* connection string */
    char ver[256];                  /* buffer to store the version string */
EXEC SQL END DECLARE SECTION;

    ECPGdebug(1, stderr);

    EXEC SQL CONNECT TO :dbname USER :user;
    EXEC SQL SELECT version() INTO :ver;
    EXEC SQL DISCONNECT;

    printf("version: %s\n", ver);

    EXEC SQL CONNECT TO :connection USER :user;
    EXEC SQL SELECT version() INTO :ver;
    EXEC SQL DISCONNECT;

    printf("version: %s\n", ver);

    return 0;
}

互換性

CONNECTは標準SQLで規定されていますが、接続パラメータの書式は実装に特化しています。

関連項目

DISCONNECT, SET CONNECTION